エディター

WordPress(Gutenberg)で記事を投稿する

投稿日:

いよいよ、記事を投稿する準備が一通り整いました。ここから先は必要に応じてプラグインをインストールしたりしながら、投稿していくのが良いと思います。投稿画面自体については、基本的には、Wordなどのワープロソフトのような感覚で直感的に使うことができます。とりあえずここでは、ごく大雑把な機能と、私が投稿するときに、ついうっかりしてしまうポイントをご紹介…

と思っていたのですが、ここでまさかの展開です。私がWordPressをインストールしてからすっかり見慣れていたダッシュボードに、いつの間にか新しいお知らせが。多分詳しい方はちゃんと事前に知っていたことと思いますが、なんともうすぐ…

エディター、変わるってよ。

えー!せっかく慣れたのに。

赤い四角で囲んだところに、試したい方は新しいエディタをプラグインとして、今からもう試せます。逆に正式リリース後にも変えたくない方は、プラグインという形で今のエディタを使い続けられます、と書いてあります。

Gutenberg

 

Gutenbergとは

新しいエディター、Gutenbergは、投稿が「ブロック」という単位に分かれていて

  • 段落
  • ギャラリー
  • 見出し
  • 画像
  • リスト
  • 引用
  • 音声
  • カバー画像
  • 音声
  • ファイル
  • 動画

などなど、さまざまな種類のブロックがあり、これらを追加して記事を構成していきます。また、ブロックは、そのまま記事の中で並べ替えることができるため、切り取りや貼り付けの過程で、うっかり書いたものを失ってしまうという事態を防ぐことができ、さらに、保存して他の記事で再利用することも可能です。売りとしては動画や画像などのマルチメディアの挿入や、レイアウトが今までよりきれいで簡単にできる、ということではないかと思うのですが…、正直自信はありません。

ですが、レビューを見てみてみたところ、今のところ☆ひとつが圧倒的多数です。☆5つか☆1つかですが、☆一つが大多数。恐らくですが、☆一つの方の多くが、有料の高機能なテーマを利用していて、その機能が使えないということのような気がします。

Gutenbergを入れてみた

私もとりあえず、最も更新頻度の低いブログに、色々失う覚悟で、新しいエディタGutenbergをインストールしてみた上で、テーマを敢えて高機能なWING(AFFINGER5)に変えてみました。すると、

これが、


こう!

消えた!

下のSEO関連の機能などはそのままですが、エディターに表示されていた、便利な書式などのツールバーが全くいなくなりました。

AFFINGERやSTINGERの販売サイトでも、WordPress4.9.8「Gutenberg」について 

WING(AFFINGER5 及び STINGER PRO2)ではクイックタグなど多くの機能が「クラッシックエディタ」(今までのエディタ)のみの対応となっておりますのでご注意ください。

と書かれています。ですが、ここであきらめてはいけません。

Cocoonのサイトの、Gutenberg で吹き出し機能をつけるようにしてほしい を見ると、特定のブロックにクラシックエディタの機能を表示させることが出来そうです。

有料テーマのエディター機能をGutenbergで使用する方法

Gutenbergのサイトをみると、

The classic block brings back the old editing features of WordPress' classic editor, also known as TinyMCE.

クラシックブロックを使えば、WordPressのクラシックエディタ(TinyMCE)の編集機能を使うことができると書いてあります。

つまり、前述したブロックの種類の中に「クラシックブロック」というものがあるはずです。探してみたところ、

ありました!

そしてこのブロックを実際に追加してみると、

こうなって、

「クラシック」という部分をクリックすると

見慣れた雰囲気のツールバーが現れ、

右端の「ツールバー切り替え」をクリックすると

こうなって、おかえり高機能!という感じになるわけです。

結論

私も最初は当惑しましたが、Gutenberg意外と悪くないんじゃないか、と感じています。

画面の見た目や操作性がかなり変わるので、単純に好みに合わない方も多いと思いますし、前のエディターに長い間慣れ親しんでいた方ほど抵抗があるかもしれません。

もし、Gutenbergを使用するとすれば、当面の使い方としては、見出しや通常の段落、画像の挿入などGutenbergに出来ることはGutenbergで行って、ブロックの保存や入れ替えなどの便利な機能を活かしつつ、「吹き出し」「ボックス」その他各テーマのツールやプラグインに頼って、クラシックエディタのツールバーで作業していた部分については、「クラシックブロック」で記述するというのが、両方の利点を活かした便利な使い方ではないかと思います。

とりあえず、Gutenbergを入れてみたサイトで新しい記事を一つ書いてみましたが、大きな不自由は感じていません。旧ビジュアルエディターの方が、Gutenbergより、実際の表示の見た目を想像しやすい感じがするので、慣れるまではプレビュー連打してしまいそうな感じはします。まだ探り探りなので、「ものすごく便利!」というメリットも感じてはいないのですが、使いこなせばかなり良さそうな予感もしています。

但し、エディターが使えると言っても、全ての動作確認をしたわけではありません。また、既に投稿済の記事については大きな一つのクラシックブロックになっています。レビューにとても低い評価を書いている方も少なくありませんので、万が一のことを考えれば、導入前に、いつも以上にこれまでの記事のバックアップの必要性は高いと思います。

曖昧な情報をもとにした、何もまとまっていない記事になってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。

 

-エディター

Copyright© はじめてのアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved.