SEO

Google Analytics

投稿日:2018.07.30 更新日:

Google Search Consoleに続いてGoogle Analyticsも登録します。

Google Analyticsとは

Google Search Consoleが、主にGoogle検索での、自分のサイトの位置づけを管理するためのサービスであるのに対し、Google Analyticsはどのような人が、どこからサイトに訪問しているのか、また、国、言語、ブラウザや、OSは何か、サイト内でどういう行動をしているのか、どのくらい滞在したのか、などなど実際にサイトに来た訪問者の属性や行動を分析するためのサービスです。それらを分析することで、サイトを改善して、サイトの目的を達成できるようにしていくことが、できます。いずれは(笑)

残念ながら、今のところは訪問者自体がほぼいない状態ですので、分析も何もありません。とは言え、過去のデータを遡って収集することは出来ないので、早めに登録して、その時が来たらいつでも活用できるようにしておくのが良いのではないかと思います。

登録方法

Googleアカウントを用意する

Googleアカウントは、既に取得済みですので、Google Search Consoleに登録したのと同じアカウントでログインします。

ウェブサイトを登録する

Google Analyticsのサイトに行きます。2018年7月24日以降はGoogle Marketing Platformのサイトにリダイレクトされて、以下の画面が表示される場合があるようです。その場合は、「For Small Businesses」から「Analytics」をクリックし、表示された画面で「Start for free」の青いボタンをクリックします。

すると、次のような画面が表示されます。

「お申込み」をクリックします。

トラッキングの対象はウェブサイトですので、アカウント名を決めてウェブサイト名、URL、業種を選び、タイムゾーンを日本に設定して、トラッキングIDを取得をクリックします。利用規約に同意したら、トラッキングIDが表示されます。

ウェブページにトラッキングコードを貼り付ける

WordPressテーマやプラグインにGoogle Analyticsの設定ができる場合

Google Search Consoleのときと同様に、SEOに対応したテーマや、All In One SEO Packなどのプラグインは、トラッキングコードの設定が出来るようになっています。赤枠で囲んだ部分をコピーし、Search Consoleの設定をする箇所に貼り付けます。ここではCocoonとWING(AFFINGER5)の例をご紹介します。

Cocoon

「Cocoon設定」―「アクセス解析」タブ―「Google Analytics設定」ボックス―「Google AnalyticsトラッキングID」

に貼り付け、「変更をまとめて保存」をクリックします。

WING(AFFINGER5)

「AFFINGER5管理」―「Google連携/広告」タブ―「Google連携に関する設定」―「アナリティクスコード(トラッキング ID)」

に貼り付け、「save」をクリックします。

テーマに「HEADに出力するコード」などを設定できる場合

Analytics専用の設定は無くても、<head>のすぐ後にに出力するものを設定できる機能があれば、

青枠で囲んだ部分をコピーし、貼り付けて保存します。

HTMLタグの知識が多少ある場合

ファイルを変更しますので、必要であればバックアップを取り、慎重に作業を行ってください

テーマの「子テーマ」を使用している場合には、header.phpを子テーマにコピーし、そちらに対して変更を加えるのがおすすめです。

header.phpの場所は、Wordpressのインストールディレクトリの中の、「/wp-content/themes/テーマ名」の中です。mixhostの場合であれば、ファイルマネージャーなどで「public_html/ドメイン名/wp-content/themes/テーマ名」となります。

子テーマがない、TwentySeventeenなどのテーマを使用している場合は、可能であれば子テーマを自分で作ったうえで、そちらにheader.phpをコピーして、変更を加えるのがおすすめです。子テーマの作り方はWordPress【twenty seventeen】の子テーマを作成する方法 などが参考になります。

WordPressのサイドメニュー「外観」―「テーマの編集」をクリックします。

注意ポイント

  1. 右側一番上の、「編集するテーマを選択」で編集するテーマ(子テーマがある場合はそちら)を選び「選択」をクリックします。
  2. 右側のテーマファイルの下の一覧から「テーマヘッダー(header.php)」を探してクリックします。
  3. 表示されたファイルの内容をクリックしたら、Ctrlキーを押しながらアルファベットの「F」を押すと、検索ウィンドウが出ます。
  4. 「<head」と入力してリターンキーを押します。
  5. 「<head」で始まるタグが見つかったら、そのタグがとじた「>」の直後に、Search Consoleの青枠で囲んだ部分をコピーしたものを貼り付けます。
  6. 作業が間違えていないことを慎重に確認した上で、変更を保存をクリックします。

Google Analyticsから自分を除外する

Analyticsのデータに、自分自身の訪問が含まれてしまうと、特に最初は自分が確認で表示した数がほとんど、というぬか喜びになってしまいます。私が現状把握出来ている除外方法をご紹介します。

Google Analytics オプトアウト アドオンをブラウザにインストールする

Google Analytics オプトアウトは、自分のサイトに限らずGoogle Analyticsのデータ収集を無効にするブラウザの拡張機能です。Google Analytics オプトアウトでインストールするだけでOKです。

Google Analyticsのフィルタで自分のIPアドレスを除外する

個人であれば、IPアドレスが変わってしまうことがあるので、これだけでは除外しきれない場合もありますが、さほどコロコロ変わるものでもないようです。ですから、時折ちゃんと確認をすれば、全く無効なやり方でもないと思います。Google Analytics Academy for Beginnersで解説されているフィルタの設定の仕方をご紹介します。

Google Analyticsのホーム、サイドメニューの一番下「管理」をクリックします。

左から、アカウントに設定したアカウント名、プロパティにウェブサイトのドメイン、そしてビューに「すべてのウェブサイトのデータ」と表示されています。この「すべてのウェブサイトのデータ」がフィルターのかからない、生(未処理)データです。データは日々保存されていくため、後々このデータをもとに必要な集計や加工ができるように、未処理データのビューはそのまま残してお行きます。ビューの設定をクリックして、名称を分かりやすいものに、タイムゾーン、通貨などを必要に応じて変更します。

次に、左上の、「ビューを作成」をクリックします。

テストビューという名前を付けて、ビューを作成します。これはまずフィルターの設定を確認するためのビューです。

ビューが作成出来たら、また設定の最初の画面が表示され、テストビューが選択された状態になっていますので、再度ビューの設定をクリックします。

ビューの設定で、「通貨」を設定し、「ボットのフィルタリング」にチェックを付けたら、保存をクリックします。次に、サイドメニューの「フィルタ」をクリックし、

「フィルタを追加」をクリックします。

フィルタに名前をつけて、定義済みフィルタに、「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択した上で、自分のIPアドレスを入力して保存します。自分のIPアドレスは、Googleで、「自分のIPアドレス」「what is my ip address」などと検索すると、IPアドレスを表示してくれるサイトが見つかります。

この状態で、ホームボタンをクリックすると、自分でサイトを表示していても「アクティブユーザー」が0人と表示されるはずです。

Google Analytics Academy for Beginnersでは、全てのビューの設定をまずテストビューで試し、正しいデータが取得できることを確認してから、テストビューを複製するという方法で目的のビューを作成することを推奨しています。

テストビューで、設定を確認したら、「ビューの設定」画面を再度表示します。

、右上の「ビューをコピー」ボタンをクリックし、

マスタービューと名前を付けて「ビューをコピー」をクリックします。

これで自分のIPアドレスを除外したデータが見られるようになりました。テストビューは今後も、新しいビューを作成する際に、テスト用として使用していきます。ビューは設定した日以降のデータが保存されていきます。逆に設定日以前のビューのデータにさかのぼることはできません。保存されていないデータにアクセスすることもできません。未処理データがあればそのデータに大して編集を加えることは出来るので、未処理データのビューは必ず残しておきましょう。

これでひとまずは、Google Analyticsの準備もできました。いよいよ記事を投稿していきます。

-SEO

Copyright© はじめてのアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved.