インストールまで

ドメインの設定とネームサーバーの変更

投稿日:2018.07.04 更新日:

ネームサーバーとは何か

サーバー選びドメイン取得を順調に終え、【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法【中学生OK】

  • 手順③:ドメイン(サイトURL)とサーバー(Mixhost)を連携する

に移ります。

やる事は、

  • サーバー(私の場合はmixhost)にドメインを設定する。
  • ドメイン業者(お名前.com)で、ネームサーバーの変更をする。

この二つです。作業自体はとっっっても簡単です。

が、まずネームサーバーとはいったい何なのでしょうか。知らなくても書いてある通りにやると作業は出来ると思いますが、やる気があるうちに調べてみました。

「ネームサーバーとは」で検索するとたくさんのサイトが見つかります。それらを読んで私が理解したことをまとめますと、

  • 人間が自分のパソコンのブラウザなどから、あるサーバー上のWebサイトなどの情報を見に行くために、覚えやすく分かりやすいドメイン名を利用する。
  • コンピューターはドメイン名でサーバーを探すことは出来ない。コンピューターが使用するのはIPアドレス(世界に1つずつしかない、ネット上のそれぞれの機器についた数字の羅列)だ。
  • そこで、それぞれのドメイン名に関する(IPアドレスを含む)情報を知っているサーバーがネット上に存在する。それがネームサーバーだ。
  • ネームサーバーからIPアドレスを得ることでブラウザは、改めてWebサイトの情報を取得しに行くことができる。
  • この、ドメイン名とそれに関係する情報を結び付ける仕組みをDNS(Domain Name System=ドメイン名システム)という。
  • ネームサーバーはDNSサーバーの別名である。

という感じです。

さて、これを踏まえて考えてみます。私はmixhostにサーバーを借り、そこに、お名前.comで取得したドメイン名を付けようとしているわけです。私が借りたサーバー(厳密にはサーバーの一部分ですが)のIPアドレスを知っているのは当然mixhost側ですから、私がサーバーにドメインを設定すると、mixhostが使用しているネームサーバーがそのドメインと実際のIPアドレスを結び付けて管理できる、ということになります。

ですが、これだけでは、mixhostのネームサーバが私のサイトのIPアドレスを知っているという状況に過ぎません。「私が取得したドメインに対応するIPアドレスを知っている、mixhostのネームサーバーの名前」を、レジストリ(ドメイン取得で触れました)にドメインを登録する役割を持っているお名前.comに知らせて、それを登録してもらう必要がある、ということなのでしょう。では設定していきます

サーバーにドメインを設定する

mixhostにドメインを設定します。これは、【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法【中学生OK】を参考に作業を進めていましたので、あっと言う間に完了しました。

  1. mixhostにログイン
  2. サービスクリック
  3. 契約中のサービスクリック
  4. 画面真ん中のショートカットの中から「アドオンドメイン」をクリック
  5. 「新しいドメイン名」にドメイン名(例:affiliate-newbie.com)を入力する
  6. (サブドメインとドキュメントルートは自動で表示される)
  7. ドメインの追加クリック
  8. 「アドオン ドメイン “○○○.△△△” が作成されました。」

これで私がレンタルしたmixhostのサーバーに取得したドメインが設定されました。

ネームサーバーの変更

ネームサーバーはどうやって調べるのか

変更すると言っても、何に変更するのか分からなければ、どうしようもありません。【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法【中学生OK】にはmixhostのネームサーバーが書いてあり問題はなかったのですが、今後のために、自分でも見つけられるのか確認しました。

mishostのネームサーバー

mixhostは非常に分かりやすい所に書いてありました。上記のドメイン設定の手順の4の画面で、上部に次のような表示があります。

ns1.mixhost.jpから順番に数字を増やす、ということですね。

エックスサーバーのネームサーバー

エックスサーバーネームサーバーの設定に記載がありました。

同じく、ns1.xserver.jpから数字を増やしていきます。

ロリポップ!のネームサーバー

ロリポップ!独自ドメインご利用時の作業内容に記載がありました。ムームードメインを利用すると、この手間が省けるということになります。

こちらも、uns01.lolipop.jpから数字を増やします。

これらが、今からお名前.comに設定するネームサーバーとなります。

お名前.comでネームサーバーを変更する

こちらもmanablogさんが、非常に分かりやすく画像付きで説明して下さっているので、困ることはないはず…と思っていたのですが、お名前.comの画面のイメージが若干違っていて、一瞬だけ迷子になりそうになりました。
お名前.comはサイトの構成が便利と言えば便利なような、分かりにくいと言えば分かりにくいような構成になっていて、ネームサーバーを変更するための入り口がいくつかありました。どこからでも直感的に辿り着けるのですが、念のため記録しておきます。

パターン1

ドメインの申し込み完了画面からスクロールすると、一番下に「お名前.comTOPへ」「ドメインNaviTopへ」と2種類のボタンがあります。ドメインNaviの法をクリックすると、次のような画面に辿り着きました。(見やすいように広告が表示されていた部分をカットしました)

やりたいことは「ネームサーバーの変更」なので、この画面であれば、「ネームサーバー」の欄の「変更する」をクリックするんだと分かりやすいです。

クリックしてみると、「ご登録情報に変更・相違はありませんか?」という目立つメッセージが表示されている画面が出ます。正しい情報を登録してないとドメインの権利を失うかもしれないよ、ということですね。「登録情報は正しいので手続きを進める」をクリックするとメッセージが消え、このような画面になります。

レンタルしているサーバーのネームサーバを利用しますので、「他のネームサーバーを利用」をクリックします。するとこうなります。

ここまでくれば、予習はバッチリですから、先ほど調べたネームサーバーを順番に入力して、「確認画面へ進む」→「設定する」で完了です。

パターン2

お名前.comのトップページの右上、お名前.comNaviログインというところからログインすると、次のような画面になります。(これも広告をカットしています。)


ここにも、ネームサーバーを変更するというボタンが表示されました。

これをクリックすると、先ほどの画面が…と思いきや若干違います。

複数のドメインに一度にネームサーバーを設定出来てしまいます。設定したいドメインにチェックをいれ、「その他」タブをクリックし、「その他のネームサーバーを使う」をチェックして、調べておいたネームサーバーを入力し、「確認」→「OK」で完了です。ここで「その他のネームサーバーを使う」のチェックを忘れてしまうと、お名前.comのネームサーバーが登録されてしまいますので、注意が必要です。

パターン3

ところが、パターン2と同じようにログインしても、何の拍子か分かりませんが、この画面になることがありました。

さっき契約したばかりなのに、更新させる気満々です。上のメニューは「ドメイン」を指しているし、サブメニューらしきものも見当たりません。「DNS」ってとこだろうかと、クリックしてみましたが違うようです。そこで、またドメインに戻ってみると、あら不思議

ネームサーバーを変更できそうな箇所が出てきました。つまり、さっきの画面から、そのままもう一度メニューの「ドメイン」をクリックすると、この画面になると言うことです。契約更新の画面から離れる際、「早めに更新しないと失ったドメインは取り戻せないよ」などというメッセージが表示されますが、契約したてなので無視します。

ここで、ネームサーバーの欄の変更したいドメインをクリックすると、パターン2の時と同じ画面が、選んだドメインだけが表示された状態で出てきますので、同じように、「その他」タブをクリックし、「その他のネームサーバーを使う」をチェックして、調べておいたネームサーバーを入力し、「確認」→「OK」で完了です。

以上、ほんの数十行で済みそうな説明を、とんでもない長さで記録してみました。

つぎはやっと、WordPressをインストールする話です。

-インストールまで
-

Copyright© はじめてのアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved.